イメージ画像

退職届
飛ぶ鳥跡を濁さぬためにに。

退職願の書き方とサンプル

退職願は誰もが一度は聞いたことや見たことのあるものだと思いますが、その正しい書き方というのは知っている人は多くはありません。
やはり会社などは最後の最後にはきちんとして終わりたいと考える人がほとんどでしょうから、自分は会社を辞めますという意思の表れである退職願はきちんとした形で提出したいですよね。

退職願の正しい書き方や書式、そして退職願のサンプルなどもこのサイトでご紹介していますので、是非それらを参考に棘のない退職願を作ってください。

退職願と退職届は違う!?

退職願などは会社によってその書式やフォーマットが決まっている場合があります。
そのため、ある日突然退職願を出すということはせず、まずは必ず直属の上司などに辞意を伝え、その際に退職願の決まりなどがあるかは聞いておくようにしましょう。

退職願の問題だけでなく、事前に辞意を上司に伝えることで、余計な角を立てずに円満に退職することできますので、会社を辞めると決めたときには必ず直属の上司に事前に相談するようにします。

辞意を伝えるというのはかなり勇気のいることかもしれませんが、あなたの決意が硬いのであれば必ず通らなければならない道です。

退職願と退職届は一見まったく一緒のもののように思えますが、微妙にニュアンスがその二つでは違ってきます。

これらの違いは会社によっても変わってきますが一般的には自分の都合で辞める場合は退職願を使用することが多くなっているようです。

これらの違いもしっかり踏まえて退職願の正しい書き方を覚えておきましょう。


このページの先頭へ