きれいな字が書けるボールペン字のコツ

ボールペン字と言いますか、きれいな字を書くためにはいくつかのコツのようなものがありますので、こちらではそれらをいくつかご紹介したいと思います。
このコツを知ったところで実際にはちゃんとそれを意識しながら文字を書くようにしないと中々きれいな字にはなってくれません。
私も結構雑な性格で、それがそのまま行動にも出てしまっている感じなのですが、やはり気を抜くと以下に書くことを忘れがちになってしまうんですよね。

するととたんに昔のきったない字に戻ってしまいます。

もちろんこれらのコツを覚えたところであるとき劇的に字が綺麗になるなんてことはないのでしょうが、それでもやはり大事なことだとも思いますので、どこか頭の片隅にでも入れておいていただければと思います。

【綺麗な字を書くコツ】

  • ペンの持ち方を正しく!
    まるで学校の先生のようなことを言ってますが、これって本当に大事です。
    ペンの持ち方がおかしくてもきれいな字を書く人もいるのかもしれませんが、少なくとも私は見たことがありません。
  • 文字のバランスに注意する。
    これは本当に大事なことですね。
    まっすぐの線はしっかりとまっすぐに。はねるところはしっかりはねたり。
    小学生が使う練習帳にある真ん中に十字の線がある四角形のボックスをイメージしながら書くと、結構文字のバランスが良くなりますよ。
  • 漢字は大きめに、ひらがなは小さめに
    これはきれいな字を書く人の共通点として気づいたのですが、きれいな字を書く人って大体みんなこんな書き方をしてます。
    こうして文章などを書くことで自分でも驚くほど文章がきれいに見えたりしますので、是非試してみてください。
  • 書くときに手に力を入れすぎない。
    これはだめです。適度な加減を自分なりに見つけてみましょう。

ユーキャンの楽しいボールペン習字



このページの先頭へ