退職願を提出する前に

退職願を提出する前には必ず上司と相談をし、それから退職の日にちなどを決めますが、この相談のときに今の自分が持っている不満も一緒に説明してみましょう。

あまり他人に興味を持たない冷たい上司も多くいますが、ちゃんとそれらの相談に親身に乗ってくれる上司ももちろん沢山います。

もしかしたら、あなたが退職をしないためにも色々と対策を練ってくれるかもしれませんし、それによってあなたの会社に対する考えも変わるかもしれません。

悩みを一人で抱えすぎ、ちょっと誰かに相談するだけで、簡単に抱えていた問題が解決してしまったというのは本当に良く聞く話です。

自分自身にストイックであまり他人に迷惑をかけたくないという気持ちはよく分かりますが、何か不満があればそれを誰かに聞いてもらうくらいは他人に甘えてもいいのではないでしょうか。

退職は固い決意を持って!

退職を考えている方で、どんなに待遇が改善されてももうやっていけないと考える人も多いでしょう。

こういった方も当然退職の相談を上司にすることは必要ですが、何が不満かを上司に相談してしまうと上司が色々と対策を考えてくれ、何となく辞めるのが申し訳なくなってしまうこともあります。

こうなってしまうと、流れで自分の辞意はどこかに行ってしまい、結局また大きな不満を感じながら同じ職場で働くということになってしまいます。

しかも、一回辞めると言ってしまった後では、次に本当に辞めたいとまた考えても中々言い出しにくくなってしまいます。

こういったことにならないためにも、退職を完全に決意したときは、相談をする時点で強い決意を心に持って相談することが大事です。

上司がどんなに引きとめてくれようとも、絶対に私はこの会社を辞める!

こういった決意をしっかり持って、真摯に上司に退職の相談をすることが結局は一番の礼儀となるのではないでしょうか。



このページの先頭へ