退職願の退職日を変更したい場合

退職願をもうすでに提出しており、具体的な退職日も決まっているにも関わらず会社の都合によっては急にその退職日を変更しなければならなくなるときもあると思います。

こういった際にはもう一度退職願を改めて提出するべきなのか。

もしくは退職願はもうすでに提出しているので口頭で改めて退職日を決めるのかで迷う方もいらっしゃるかもしれません。

これは会社によってもルールというものが変わってきますので一概にどちらと言う事はできないかもしれませんが、一般的には退職願の退職日が変更になった際には、また新たに退職願を提出することが多くなっています。

こういった場合にはできれば最初に提出した退職願のコピーをとっておき、また新たに作った退職願のコピーをとることで、自分の退職を曖昧にされてしまうことを防ぐことができますが、もしそういったものが用意できなかった場合には、しっかりと新たに退職願を提出した際にはしっかりと受理してくれるように念を押して置くようにしましょう。

一大決心で退職願を提出したにも関わらず、そういったなし崩し的の引きとめ工作なども意外とよく聞く話ですので、多少注意が必要になってきます。

退職すると決心したわけですから、たとえ同僚や上司に迷惑をかけたくないと思っていても、どうしても多少の迷惑はかけてしまうことになります。

場合にはよっては自分の心を鬼にしてでも、退職に踏み切った方が良い場合もあるかもしれませんね。



このページの先頭へ