退職願の封筒と書き方

封筒

退職願に使用する封筒は白色の無地のもの、そして中が二重になっているものがあればそれらを使用するようにします。

市販されている封筒などを見ると茶色のものなどが多く置かれていますが、茶色のものは避けたほうが無難です。
私が勤めていた会社でも退職願にこの茶色の封筒を使用しようとした人がおり、上司にこってりしぼられていましたので余計なトラブルを避けるためにも茶色の封筒の使用はやめておいたほうが良いと言えると思います。

円満退社のはずが、たった封筒一枚で台無しになってしまったなんて笑い話にもなりません。


封筒の書き方の方ですが、まず表に「退職願」と中央に書き、そして裏には左下の方に所属する部署と自分の氏名を書きます。

退職する申し訳なさのためか、これら封筒の文字が異様に小さい人も中にはいますが、しっかりとした大きな文字で書くようにしましょう。

私もこれをやってしまい、上司から「そんなに申し訳ないのなら、辞めるのやめちまえ!」なんて言われたりもしました。

退職をすると決心をしたのであれば、たとえ申し訳ないと思っていても堂々としていれば良いのです。

人によっては軽く見ていまいがちな退職願に使用する封筒ですが、最低限の礼儀として、この封筒の書き方・選び方にも注意するようにしましょう。



このページの先頭へ