退職を期に独立を考えてみる

人間仕事をしていかなければどうしても生活に行き詰ってしまうため、念願の退職が叶ったとしても次にまた新しい働き口を探さなければならない場合が多いと思います。

そして新しい仕事を探すとなると転職を頭に思い浮かべる人も多いと思いますが、もう一つの手段として独立というものがあります。

独立をして会社設立や自営業をするなどということは、そういったことを教えてもらう機会が普通に学校に行っているだけではないためか、そういった考え自体を持つ人も少ないようです。

しかしもしそれができるのであればやはりチャレンジしてみたいと考える方も少なからずいらっしゃるのではないかとも思います。

最近ではインターネットなどの普及もあり、個人的には確かに独立するチャンスなどは一昔前などに比べると増えているような気がします。

中にはパソコン一つで自分や家族の生活も切り盛りしているというツワモノもいらっしゃるみたいですが、これはちょっと前では考えられないことでもありますよね。

自営業や起業などはその大半が失敗して終わっていく、なんて話を聞いた事がある方も多いかもしれませんが、こういったことを聞くと「やはり自分には無理なのではないか。。」と考えてしまうことも多いでしょう。

そして実際に起業した方々の話を聞いてみると、確かに皆さん相当な苦労をしていらっしゃることも分かります。

そういったことを色々と考慮に入れ、退職の際には自分は本当に何がしたいのか、何ができるのかを考えてみるのも一つの手段かもしれませんね。

田原総一朗氏も「大絶賛!」したノウハウ本の著者川島和正の最新作「毎週3~7時間ある事を行うだけで年収1000万円以上になれる、親戚にも言えるほどクリーンな稼ぎ方 ~1000MANプログラム~」



このページの先頭へ