職場の人間関係を退職の理由にしない

退職の理由としていつの時代も「人間関係」というものが出てきますが、これはぶっちゃけあまり新しい職場では良い顔をされない理由です。

人間確かに嫌な人間も多いですが、人間関係が悪いということはあなた自身のコミュニケーション能力が低いとも取られる可能性があるためです。

もしそのように取られてしまったら、あなたが面接などでどれだけ説明をしようと中々受け入れられるのは難しいかもしれません。

そもそもそんな退職理由自体が非常にネガティブな感じを受けます。

ですので、たとえ本当の理由が人間関係のこじれだとしても、それは退職する際にも転職する際にも伏せておいた方が賢明だと言えるでしょう。

人間関係をうまくするコツ

人間関係はある程度自分の振る舞いを改めるだけでも結構すんなりうまくいくものでもあります。

もし相手が自分に対して不愉快な行動を取っていると思ったら、まずは自分が嫌われているか、少なくとも好かれてはいないということを自覚してみましょう。

そしてそこで腐らず、あたかも「私はあなたのことが好きです。」という態度をとってみることです。

人間、自分のことを好いてくれる人に対してそうそうひどい仕打ちはできないものです。

そのための一番簡単な方法と言えばやはり相手のことを褒めるということでしょうね。

これは決してお世辞を言うとかそういったことではなく、とにかく相手の長所となる部分を探し出して、そこをしっかりと言葉にしてあげるということです。

「眼鏡が素敵ですね。」
「ネクタイがかっこいいですね。」

この程度のことであれば探せばいくらでも出てくるのではないでしょうか。

しかもこの方法だと、嫌いな相手を褒めることではなく、あくまで誰かがデザインしたであろうアイテムを褒めているので、そこまで苦痛なことでもないはずです。

ただしこの方法もあまりやりすぎてしまうとただのお世辞となってしまって、ちょっといやらしい感じになってしまうので、あくまでたまに、そしてさりげなく言ってあげるようにしましょう。

他人に対して優しくできない人というのは、他人からの優しさを求めてちょっと厳しいことなどを言ったりするので、こういった褒め言葉はいわゆる「嫌な奴」には非常に効果てきめんです。

相手があなたのことを好きになれば、人間関係の悩みというものはほとんどなくなることが多いですので、ちょっといやらしい方法ですが、是非一度お試しください。



このページの先頭へ