転職の際に有利となる資格

資格というとそれだけで就職や転職のパスポートとなると勘違いしている人も多いようですが、実際には確かに資格を持つ事で選考には有利にはなりますが、あくまで企業側は実務経験の方を重視する傾向が強くなっています。

ですので資格の取得がまるで無駄だと言うわけではないのですが、そこまで強力な効果は発揮しないと考えておいた方が無難だということです。

しかしそうは言っても資格の効果も馬鹿にできるものではありません。

例えば今資格で非常に人気のある、TOEICなどを例にとってみると、TOEICのスコアを例えば700以上持っていたとすると、転職の申し込みをできる企業の数がかなり増えることになります。

つまり転職先を選ぶときに選択肢が増えるということですね。

またTOEICの話だと、もし900点以上を取得した場合、当然またその申し込める職種の数は増えることになります。

つまり資格などは面接などにいくと、その資格に則した実務経験などを問われること、そして実際にその資格を活かすことができるのかということが問われることになりますので、そこまで資格自体の力は強くなくなるのですが、書類選考段階では資格はまだまだ非常に強い効果を発揮するということです

そしてこのことがどれだけ自分の転職に有利になるかというのは簡単に想像がつくでしょう。

今ではちょっと高嶺の花だと思っている資格でも、しぶとくしっかりと勉強をしていたら十分合格できるだけの力を持っていたなんてことはよく聞く話でもありますので、是非現在の仕事を退職する前に一度憧れの資格の取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【生涯学習のユーキャン】将来役立つ資格・技能。ユーキャンならはじめてでも無理なく身につく!



このページの先頭へ