退職させてくれない場合の対処法

せっかく一大決心をして退職願を出したのに、全然相手にもしてもらえず退職もさせてくれない。

リストラなどという言葉がある反対にこういった悩みも意外と多いということが色々な人の話を聞いているとよく分かります。

この退職させてくれないという場合には色々な状況があるのですが、何とかその会社に残ってもらおうと一生懸命説得してくれるもの。

「悪いけどこの日までやってくれる?」と言われ、その日になってもまた同じ事を言われ、なし崩し的に会社に居残らせようとするもの。

そしてひどいものとなると、退職願自体の受け取りを拒否される場合もあるようです。

そうして退職をさせてくれないということは、それだけあなたが会社にとって必要と思われているということですから、退職したいとは思っていてもある意味嬉しいものかもしれません。

しかし辞めたいのに辞められないではたとえ必要とされているとしても、決して手放しでは喜べないことでしょう。

そういった場合にできることといえば、やはり自分が決めた退職日以降にはたとえ受理されていなくても、出社を拒否するということがあります。

これは物事をしっかりとしたいという方にとっては非常に難しいことかもしれませんが、(契約期間が定められている場合以外に)会社が退職を認めないということが労働基準法に反したものですので、そこまで遠慮することでもありません。

目には目をと言ってしまえば言葉は悪いかもしれませんが、まずは誠実に2,3回はしぶとく退職願を提出し続け、それでも拒否される場合にはこういった方法をとるのも一つの手段です。

また後々面倒な問題にならないためにも、その退職願のコピーは必ず事前にとっておくようにしましょう。

もしもこの方法をとるのが嫌だという場合は、一度労働基準局に相談してから対処法をアドバイスしてもらうようにしると良いでしょう。



このページの先頭へ