退職願を書くときの注意点

退職願は会社によって雛形やフォーマットが決まっていたりするので、そういった場合は書き方はそれらの雛形に沿って書きましょう。
上司の方もよっぽど離職率の低い会社でない限りは何度も退職願の書き方については相談されているはずですので、彼らにしっかり事前に相談するようにします。

退職願の書き方自体は非常にシンプルなものが多いですし、自分の言葉で書く必要は全くないものですので、雛形に沿ってそのまま書けばほとんど問題ありません。

それでも退職願を書くときの注意点として次のものが挙げられます。

  • 白地の縦線が入った便箋を使用する
  • 黒インクの万年筆、もしくはサインペンを使用する
  • 退職日に関しては必ず上司に相談する
  • 捺印を忘れずに!

退職願サンプル

退職願

私事.

このたび一身上の都合により、来る平成○○年
○月○日をもって退職致したく、ここにお願い申し上げます。

平成○○年○月○日
  ○○部○○課
    山田 太郎 (捺印)

株式会社〇〇
代表取締役 〇〇殿


上記のサンプルを本番では縦書きにしてください。

また、退職願は社長宛てに書くようにし、社長の名前は自分の名前よりも上に持ってくるようにしましょう。



このページの先頭へ