退職金の相場はどれ位?

会社に勤めている方のほとんどがそうだと思うのですが、自分がその会社を退職する際に受け取る退職金は一体どれくらいもらうことができるのかというのはかなりの大きな問題です。

まず最初に覚えておきたいのは、退職金は決して法律で定められた支払われるべきものではありませんので、会社によっては退職金が出ないという場合もありますし、今まではあったのにこれからなくなっていくなんてことも十分考えられます。

そんな中でも退職金の相場というものも確かにあるにはありますので、もちろん会社によってその額も随分変わってきますが見てみましょう。

退職金の金額を算出するにはまず一般的な計算式のようなものがありますので、まずはこれから計算してみます。

退職金=基本給×勤続年数+α

これは全ての会社にはまず当てはまらないものなのであくまで相場の参考としてお考え下さい。

またこの計算式を適用している会社でも自己都合による退社なのか、もしくは会社都合による退社なのかなど、その他諸々の要因によって+αの部分が大きく変わってきます。

退職金の制度はこれから先どんどんなくなっていくなんて過激な意見も稀に聞くこともありますが、自分の会社どのようになっているのかをしっかりと普段から把握しておくことも大事となってくるかもしれません。



このページの先頭へ