退職証明書をしっかりもらおう

自分の都合で会社を退職した場合も、会社の都合で退職した場合もその会社からは退職証明書と呼ばれるものをしっかりともらっておきましょう。

この退職証明書には勤続年数や給料、業務内容や役職、そして退職理由などが記された書類となるのですが、この退職証明書は次の就職先への提出を求められたり、失業手当などをもらうときはその申請の際に提出を求められる場合もありますので、しっかりと退職の際にはもらっておくようにしましょう。

この退職証明書は法律で「企業側は雇用者から求められたら速やかに発行しなければならない。」と明記されていますので、まずこの書類がもらえないということはないでしょう。

また項目は自分で何を記入してもらうかなど決めることもできますので、例えば退職理由はのせないで欲しいといえばその項目を削除してもらえることもできます。

しかしこうした削除された項目などがあると、次に就職する場合などに余計な不信感を与えてしまう場合もありますので、やはり載せる情報は正確なものにしておいた方が良いかもしれませんね。



このページの先頭へ