転職の際の退職のタイミング

転職を考えての退職の場合、退職するタイミングというものは良く考える必要が出てきます。

まず転職を考えたときには、今の仕事を続けながら同時に就職活動をするのか、もしくは会社を辞めてから就職活動をするのかという選択肢が出てくるでしょう。

退職してから仕事を探す場合は、退職してから支給される失業手当のことを考慮にいれ、また会社がどの時期に人材を募集しているのかなどを事前に知っておく必要があり、また無職の間食いつないでいくための貯蓄なども必要となってくるでしょう。

一般的に会社が中途で人材を募集することが多くなっているのが、1月~3月の間、そして7月~9月の間と言われています。

1月~の間は経営の見直しをする会社が多いことから、そして7月~の間はボーナスをもらってから退職した人の穴埋めとして人材の補充を試みる会社が多くなっているようです。

こういった転職の時期を考え、自分の貯蓄、そして失業手当などのバランスなどを考慮してから退職はしないと、思わぬ痛い目にあってしまうことも無きにしも非ずかもしれません。

しかし退職をしてからだと就職活動に多くの時間を割くことができますので、じっくりと自分に合った会社選びをすることができるでしょう。

逆に転職の際に空白の時間を作りたくないという方は、やはり今の会社に勤めながらの就職活動をするということになります。

時間的な制限がどうしても出てきてしまいますが、新しく受ける会社にしっかりと事情を説明すれば自分に合わせて面接などは行ってくれるところも多いようです。

転職先が無事に見つかっても新しく働き出す時期と退職時期をうまく調整しなければなりませんので、こういったところで苦労する方も少なくないようです。



このページの先頭へ