会社都合での退職に退職願は必要か?

会社であればどうしても景気の良いとき悪いときというのはありますので、リストラなど止むを得ない選択をせざるを得ない状況というのも会社にはでてくるでしょう。

そんな会社都合で会社を退職しなければならないなんて状況に巻き込まれしまったなんて方も少なからずいらっしゃるでしょうが、そういった場合にまれに退職願の提出を求めてくる会社も中にはあるようです。

これは補助金など、会社都合よりも自己都合での退社の方が会社にとって都合が良い場合があり、そういったちょっといやらしい考えのもとによるものかもしれませんので、もし会社からこのように言われた場合にはちょっと注意が必要です。

こういったこと自体は違法にはなりにくいという考えもあるそうなのですが、退社させられる側からすると失業手当の給付の時期に影響が出てきてしまう場合もありますので、そういったことをしっかりと調べてからその案には乗るか乗らないかを返事した方が良いでしょう。

ちなみに会社都合での退職の場合失業手当の給付にはおよそ1ヶ月程度とされますが、自己都合の場合は3ヶ月ということになります。

もし自分の退職が不当に扱われていると感じ、退職願の提出を強制させるような場合は労基署に相談するといった手段しかないのが現状のようです。

こういった場合はあくまで会社の都合で退職をせざるを得ないのですから、退社の際にまで会社の都合に自分を合わせるべきではないとは個人的に思います。



このページの先頭へ