会社を辞める勇気が出ないという人へ

せっかく入った会社でも、何かしらの不満を会社に対しては誰でも持つものでしょう。
そしてそんな中でも人によってはどうしても我慢ができず、会社を辞めるという決断までする人も決して少なくはないはずです。

しかし人間どうしても生活していくためには仕事をする必要がありますので、そこの会社を辞めたとしても次の仕事がすんなり決まる保障はないわけですし、当然新しい会社を自分が気に入るかどうかも分かりません。

そんな予測不能な未来がどうしても人によっては会社を辞める勇気を出させないということは簡単に想像することができます。

仕事を辞めるなどと誰かに相談したことがある人ならば、恐らく人によって様々なことを言われたりもするでしょう。

私自身会社を辞めることには特に大きな反対意見は持っていませんが、もしかしたら人によっては「お前は根性がなさすぎる。」などと手痛い言葉を受け取ることもあるかもしれません

しかし考え方によっては転職を決断できない方が根性がないとも考えられるわけです。

仕事は辞めたいけどどうしてもその決断をする勇気が持てない人は私はまずは退職を思い留まることがいいのではないかと思っています。

退職を迷うということは恐らく自分に対して自信が持てないということの裏返しでしょうので、そのような態度では新しい環境に行ってもそこまで大きな変化は望めないと思っているからです。

ですので、退職を考えたとしてもまずは自分に自信が持てるような結果を残してから退職を考えてみるのが一番だと思います。

ちょっと今の会社が嫌でもあとほんの少しだけ頑張ってみようと自分に言い聞かせ、普段の1.5倍程度仕事に真剣に打ち込んでみてください。

ちょっと先のことでも終わりが見えていれば人間普段よりも頑張れるはずです。

そしてそうした後の数ヶ月後にはきっと今のあなたの精神状況も必ず変化しているはずです。

その変化を感じた後にもう一度退職を考えてみるのが一番の方法ではないかと私は思います。

そうなったときにもしまだ退職を考えているのであれば、きっと今のあなたよりも会社を辞める勇気というものは強くなっているはずですよ。



このページの先頭へ