退職金の税金はどれ位とられる?

退職金をもらえるはいいけど計算した金額がそのままもらえるわけではありません。

きっとこれはどこの国でもほとんどそうだと思うのですが、もらうお金にはしっかりと税金がかかるんですね。

退職金もこれの例外では決してありません。

しかし退職金の場合給料などとは違い、その後収入がなくなることも考慮されているのかその課税はその他の収入と比べると非常にやさしくなっています。

普通はもらえる金額にそのまま%をかけて課税されるのですが、退職金の場合はあるちょっと複雑な計算式に沿って計算され、退職金のごく一部に課税されるようになっています。

その課税される税金は「所得税」と「住民税」と二つあるのですが、こういった事情があるためそこまでびっくりするような金額を請求されることはないでしょう。(もちろん退職金の金額が大きい場合はその分税金の額も大きくなります。)

もし詳しい退職金の算出方法が知りたい方は、退職金の税金なびというサイトで非常に詳しく説明されていますのでご覧になってみてください。

どんなに嫌だとしても税金は国民の義務となっていますので、泣く泣く諦めましょう。



このページの先頭へ